強さの秘訣ー誰にでもできて誰にでもできないこと ・・・桑田真澄氏の言葉

alphacreativa / Pixabay




NHK教育の知恵泉で桑田真澄氏がゲストに招かれていました。

今日のテーマは日本の野球愛の原点です。日本の野球は心を鍛える、徳を身に付けるということを重視していたそうです。

 

桑田氏は自分の例を挙げました。 

「高校時代、甲子園の予選から100日逆算して『毎日6時に起床する。どんなことがあっても 6時に起床する』と自分で決め、3年間実行したとの事です。

(5季連続で甲子園出場)

雨が降っていると、今日ぐらいやらなくてもいいやと思ってしまうこともあった。やらなくても誰も見ていないし、誰にも怒られないけれど、それを乗り越えていくと、自分が精神的に強くなったことを実感でき、そしてこのことがマウンドで生きた。」

 

ほぼ毎日です。体調が良くないときもあるし、睡眠が十分とれていない日もあったはずです。でも、それをやり遂げたからこそ、素晴らしい結果につながったのですよね。

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください