”他人の通訳”を聞くと勉強になる

12019 / Pixabay

今日、医療通訳のチェックを頼まれ、二人の方の訳を聞きました。一人はすでに司法通訳をやっている方で、まとめるのがとても上手です。どんな状況でも冷静で、経験を積まれているのが分かります。

もう一人の方はトライアルの方です。予想すらしない単語が続出、しかも聞き取りにくい単語が出て、一瞬戸惑っているのがよく分かりました。でも何をどうすればよいか分かっているのですぐにすべき対応をしていました。そして、少しでも理解しづらい点は自分の解釈が正しいかを必ず確認を取っていました。

*****

自分の解釈が正しいかどうかの確認を取ることは、一見、自分の理解不足を露呈しているように見えますが決してそうではありません。言葉の怖さ、言葉や文化の違いを知っているからこそ、確認をとっているはずです。

通訳は本当に難しいと思います。聞く→訳出するまでの間、頭の中でいくつかの工程があり、それ以外にもその言葉の背景も知らなければ、当然訳すことはできません。

通訳は難しいですが、楽しいです。通訳をしてどなたかの助けとなり、喜んでいただいた時は心底嬉しくなります。この喜びを一度味わうと、道は険しくても頑張れるのです。  

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください