外国人の悲鳴

今年に入ってから、そしてこの半年間、またこの1~2か月と医療通訳者に求められる知識・語学力が目に見える形で高度になってきました。

正直日本語で聞いてもチンプンカンプンな内容もあります。でもこれができなくてはこれからは生き残れないということですね。いえ、それだけ外国人が日本において医療通訳者に助けを求めているということです。好きで始めた分野です。信頼できる医療通訳者になれるよう、前に進んで行きます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください