的確な指摘、そして指導

Hans / Pixabay




前回の通訳のフィードバックを見ました!

とても丁寧に具体的に分かりやすく書かれていました。(厳しい指摘をと、しつこくお願いしました!)通訳が終わった後に自分でも聞き返して改善すべき点は自分なりにチェックしておきましたが、今回第三者のフィードバックほど貴重で大切なものはないと思いました。

まず、自分が全く気付かなかったクセが分かったことです。実は今回指摘されるまで、こういう言い方をするものだと思っていました。また発音でも聞こえが弱い音を指摘されましたが、私自身は気にはなっていませんでした。

日本語でもそうですよね。人に言われて(それは大体家族しかいませんが)、初めて気付くということがあります。自分で聞いても気付かないことを「気付く」ということほど、ありがたいことはありません。このフィードバックを今度は中国語レッスンの先生の言葉に思いっきり甘えて指導を受け改善していきます。

中国語の勉強を始めて今日に至るまで、私は良くない点は厳しく指摘していただけるようにお願いしてきました。面倒くささもあったかもしれませんが、きちんと的確に言える人は私が今までに中国語を習ってきて一人もいなかったとほぼ断言できます。・・・今だからこそ思うのですが、これは同じようなことに自分で気付いてやってきた人だからこそ言え、アドバイスができると思うのです。

何はともあれ、私は史上最強のお二人にアドバイスと指導を受けることができるようになりました。特権です!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください