部位を診て、突然爪を剥がした台湾の医師、それも麻酔なしで!

RyanMcGuire / Pixabay




このお医者さん、私は生涯忘れることはありません。

つま先の狭いパンプスを履いたら、親指の爪が食い込み痛かったので医者に行きました。そのお医者さんはかがんで私の親指を見て、何かを始めました。

「痛い!」  

親指を見ると血が出ています。何が起こったのか、そのときは全く分かりませんでした。


そうです、予告なしに爪をはがされたのです。もちろん麻酔なしです。この突然の治療?行為に私は「痛い!」と思いっきり心を込めてそのお医者さんに言いました!   


そしたら、

你疼,我不疼。(あなたは痛いけど、私は痛くないよ!)」 


と満面の笑みで明るく交わされました。

そこで私はもう一度「疼!」と言ったけれど、相変わらず「ハハハ」で交わされました。


このあともパンプスを履いてまた爪が食い込み、このお医者さんにお世話になりました。行く私も私ですが、何か憎めないお医者さんでした。あの明るい笑顔でハハハと返されると怒るにも怒れません。不思議な魅力があるお医者さんでした。

これも台湾ならばの治療かもしれません。今思えば良き思い出です。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください