ネイティブの日本人の発音に対する本当の評価

terimakasih0 / Pixabay

今日から中国語レッスンが始まりました。

私の欠点は前もってお伝えしています。しかし、ちょっとしたチェックで更に問題点を一瞬にして見抜き、その説明を具体的にできるところが見事でした。初めてです。

私は中国語に触れもせず直接法で学びました。先生が発音したあとに言うという形が基本でした。できていなくても似た音が出ればスルーされていたのは何となく分かっていました。自分なりに研究してやってきましたが、納得いきませんでした。

しかし、今日のレッスンは発音指導と言い、声調指導といい、私が求めていたものでした。矯正には時間がかかると思いますが、先が楽しみです。

同時に多くの日本人はきちんとした発音指導を受けていないために通じる中国語を話せていないと思います。おそらく多くの人が教わった方法は私とさほど変わらないと思います。教えることができる立場になったら、生徒さんには通じる中国語を教えたいと思います。

 

※ 発音がきれいな日本人は高い確率で発音矯正をしています。

※ 台湾在中、また実際仕事をしていても、ネイティブはよく陰で「彼女(彼)の中国語は全然分からない」と言っています。しかし、本人の前では「上手」と言っています。自分の発音がどうなのか気になる方は日本人に聞いた方が確実です。 ネイティブの日本人の中国語に対する評価は大変厳しいです

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください