中国語を学びたい方へ

ArtsyBee / Pixabay




私は個人レッスンを始めてから1年近くなりますが、身をもって思うことは発音は個人レッスンできちんと勉強した方がいいということです。長い年月を経て今ようやく今までの謎が一つ一つ解明されています。その疑問点というのは本当に微妙なことで、母語でなければ伝わりきれないこともたくさんあります。特に中国語はこの発音の微妙さが勝負で、これが通じる中国語になるかどうかの分かれ道になります。

今までを振り返っても本当の情報は人からです。本当の情報こそ、なぜか不思議なことに漏れないですし、大切な情報ほど人は口を割らないものです。そこは人間同士の付き合いになると思うので、中国語でのやり取りをスムーズにできるようにするには、発音には時間とお金をかけてきちんと勉強した方がよいと思います。相手が自分の話していることが分からなければ、どうしようもありません。発音の良くないトップレベル者よりも発音の良い入門者の方が通じると思います。

皆が皆というわけではありませんが、発音がいいなと思う人は決して最初からできていたわけではなくて、自分で気づいた人、または指摘されて発音矯正をした人たちです。振り返っても発音に問題があることや発音が大切であることに気づいている人はほんのわずかでした。

発音矯正はゼロから学ぶよりも時間がかかりますし、意識していなかったり、使わないともとに戻るのも早いです。駆け足で発音を学び、中級・上級レベルになって発音に問題があることに気づいて、発音矯正に時間をかけるより、学ぶ前にに厳しく丁寧に教えてくださる先生を自分で探して、厳しく指導してもらうのが一番の近道だと思います。個人的には発音、声調練習に1年をかけてもいいのではと思います。その間にヒアリング力、文法力という大切な「伸びしろ」も作っておけば中国語力を伸ばす強力な武器になると思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください