中国語を学ぶ前に、誰にアドバイスをいただくか

jsoto / Pixabay




今更なんですが・・・、私は今発音矯正に四苦八苦しています。今だから言えることですが、ゼロからのスタートならば、日本で日本人の先生に基礎をしっかり学んでいたら、発音・文法に関しては今のような学び直しにつながらなかったと思います。

当時はまだネットがなかった時代ですし、情報はほとんどありません。現地で学んだ方が手っ取り早いと考えるのも納得がいきます。

また台湾で語学学校のお世話をしてくださった方は戦前に幼稚園から日本語教育を受けた方だったので、今思えば仕方がなかったと思います。この方は幼稚園から学校では日本語だったので、本当に自然に苦労せず日本語を覚えました。ですから、日本人が中国語の発音を学ぶのが難しいとは全く思いもよらなかったと思いますし、自然に覚えることができると思っていたのではないかと今となっては思います。

今だから言えることですが、目標となる方がいるのなら、その方にどのように学んだかをじっくり聞くのが一番だと思います。同時にその方が勉強を始めた年齢やその生活環境も押さえた方がいいと思います。私は語学には年齢も関係すると思います。20歳の耳と40歳の耳では聞こえ方が違います。中高年になると聞こえなくなる音もあります。私自身、自分の経験を通して18歳の耳と20歳の耳でも相当違うような気がします。

自分の年齢、置かれている環境、将来どのように中国語を使いたいか等をまず自分で整理して、自分に適した勉強方法を見つけるのが最短かもしれません。今は中国語を学んでいる方のブログもあり、参考になることがたくさんあるはずです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください