私の働き方改革

MabelAmber / Pixabay




今のままではダメだと思い、出勤時間について店長に申し出をしました。実は話を切り出す直前に来月から更に応援者がいなくなるということを聞きましたが、きちんと申し出をしました。でも現状は分かっているので、ここは今の自分にできる提案をしました。

目的は毎日の勉強時間の確保と睡眠時間の確保、そして規則正しい生活です。今は当初の契約から30分早く出勤しています。不思議なことにこの30分差が朝1時間勉強できる時間確保につながります。いろいろチャレンジしましたが、この時間を確保しなければ、ほぼ勉強時間は確保できないことが分かってきました。

しかし、自分のことばかり言っていられないのも現実です。月1回通しでの出勤(もちろん翌日は休み)ともう一日半日出勤することで、今回の申し出を通すことができました。当初、通勤時間がもったいないので、出勤日数を増やすより時間を増やした方がいいと思ってやってみましたが、今の私には合わなかったようです。一度他の方の代わりに半日ほど入ったことがありましたが、意外と体が楽だったので、今回の提案につながりました。また結局は二人で回さなくてはいけないので、その点も考慮し、私から切り出しました。

それでもかなり厳しいのは承知ですが、これ以上はできないことははっきり伝えました。何事も一通りやってみると、思わぬ所で代案が出るものです。朝疲れていたり、気持ちよく起き上がれないとプンプン状態になるので、この状態になると朝からロスタイムにつながりますし、ミスにもつながります。更に自分の都合で周りを不快にさせてしまったら、それこそどうしようもないありません。

このような申し出を承諾してくれたことに感謝しつつ、やはり日頃から協力できることは協力すべきだと改めて思いました。もし、承諾してもらえなかったら、辞めるか、時間がとれないまま無駄に時間が過ぎてしまうだけでした。

自分の限界が分かったからこそ、申し出たことです。言わないで無理していたら、来月あたり本当にダウンしてしまったと思います。とりあえず、来月からは体に負担をかけず、しかも一定の時間が確保できそうです。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください