富裕層の子供の教育について感じたこと 

Yuri_B / Pixabay




台湾で比較的いろいろな層の人と接することができました。

その中で感じたことは国に関係なく富裕層には教育方針とお金の使い方には共通点があるということです。

一概には言えませんが、富裕層でしかも外国人と接して世界状況が分かっている人たちとそうでない人たちとでは、当たり前ですが子供に対する教育の仕方が全く異なっていました。私はこの点に大変興味を持ち、台湾滞在中は観察していました。

多くの人が耳にしている言葉であると思いますが、”勉強したことは誰にも盗まれない”、この言葉が生かされている教育方針のように思います。台湾は国が安定していないので、常に危機感をもって準備していました。

※ 海外に移住する、しかし親戚はそれぞれ異なる国に行きます。

 

日本は何だかんだ言っても平和で安定しているので、ここまで考える人は多くないと思います。私なりに考えて分析をしてみた結果は次のことでした。

                          (続く)

 

 

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください