中国語力アップには原書を大量に読む

StockSnap / Pixabay




言葉を別の言語に訳するのは本当に難しいと思います。

簡単な自己紹介でも日本語と中国語はその表現方法が違いますから、私はちょっとした訳でも悩みます。言葉の背景にはその国の歴史、文化、生活・・・が隠されています。また言葉のつくりが異なれば、思考回路も違います。ですから、何気ない一言の訳でも悩みます。

でも難しいからこそ面白いかもしれません。原書を読んでいるとこういう表現の仕方をするんだと勉強になることが多いです。

やはり、最後は”読書量”なのでしょうか。

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください