時間捻出のために始めたこと

cpastrick / Pixabay




ドラッグストアの仕事とエージェントでの仕事の日は家の往復だけで1日がつぶれてしまいます。休みの日は休みの日でやらなければならないことが山積みで、今はいかに時間を捻出できるかが大きな問題です。

そこで職場のある人の業務日報を参考にして、記録を残すことにしました。洗濯、皿洗い、買い出し等の①目標時間(横に8割時間も記入) ②実際にかかった時間 ③ ②-①で「±〇」を数字で出す。改善方法等があったら、記入もできる表を作りました。目標時間はひと工夫をして、本来の自分の目標時間の8割の時間に敢えてするのです。

不思議、不思議・・・で、この8割の時間でも意外とできてしまうのです!今までもタイマーを使っていましたが、なぜか記録に残すということが、好事ているのか、本当にできてしまうのです。これで1日どれだけの時間を捻出できるかを数字で出してみようと思います。

家事の2割の時間は、それこそ塵も積もれば・・・の世界ですが、もしかしたら30分~1時間の時間を作れるかもしれません。

睡眠時間を削ることができない年齢ですから(笑)、最後の頼みは更なる家事時間短縮です!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください