発音練習セット

mielcar / Pixabay




発音練習をするにあたり、必要なものを出すのは面倒くさいなと思うことがあります。最初は一つ一つ出すことで気持ちを高めようと思ったのですが(実際効果あり)、毎日のこととなると、その手間が意外と練習を後回しにしてしまう原因になり、結局は練習ができなかったという失敗をよくしてしまいました。

そこで、今は補助テーブルとなったキッチン用のワゴンの折り畳みテーブル部分を広げ、PC、CDラジカセ(2台)、ボイスレコーダー、ふうせん、鏡、改善ノートなどを練習に必要なものを置いて、たとえ1分しかなくても練習ができるようにしました。もう1台のPCはリビングに置いて、バタバタしていてもリビングで練習をできるようにしました。

できれば小道具は、使うとき以外は各自自分の居場所にいてもらって、家の中をすっきりさせて落ち着きたいのが本音なのですが、どうもそれだと練習を先延ばしにしまいがちなので、今回思い切ってそれぞれの小道具の居場所を変えてみました。

まずリビングに新しいPCを置いたのは正解でした。(音が大きく出るので)中国の番組を流し、中国語を聞きながら家事ができるようになったこともよかったと思います。キッチン用ワゴンも移動ができるので、使い勝手がよくなり、取りかかりやすくなりました。(立って、練習しやすくなりました)小道具がいくつか目の前に準備されていると、時間がなくてもその限られた時間で意味のある練習ができるのが最大のメリットです。例えば、1分間しかなかったら、肺活量、腹筋力をつけるためにふうせんを膨らませることが数回できます。

レイアウトって意外と行動と関係しますね! CDプレーヤーもすぐに音が出る持ち運び用も仲間に入れてあげたら、なかなかの予想以上の活躍をしてくれます。こだわりを捨てると新たなメリットがたくさん出てきます。\(^o^)/

今から、隙間時間5分間練習します。本当に便利です!!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください