発音に対しての大きなブロックが取り除かれる!

DeltaWorks / Pixabay




去年、中国語を教えたいとカセツウに相談しましたら、パズルイングリッシュを紹介していただきました。

今はアフターのスキルアップ講座に参加しています。ここにはインストラクターを終えた方が佐々木未穂さんから生徒さんの誘客の仕方等をフォローしていただいています。アフターを受けるようになって1年近く、ようやく中国語を教えたい人を言語化でき、どのように教えたいかも自分なりにできてきました。

私が持つ最大のブロックはやはり「ネイティブの発音ではない」ことです。中国語を学び始めてから常に中国人から「日本人の話す中国語は下手」という言葉を浴びています。しかし、その大きなブロックが昨日一気に取り除かれました。未穂さんの「日本人に中国語を習いたい人の方が多いんじゃない?」「(発音が悪いと)言われたら、言ってちょうだい」と。周りの方は英語の先生ですが、外国語は決してネイティブに教わるのがベストとは思っていないようです。

(パズルイングリッシュは丸暗記させる英語の学習方法ではなく、日本語と英語の仕組みの違いをきちんと教え、また膨大の英語の文法をたった7枚の図にまとめあげています)

それよりも私が発した言葉はマイナスと、発した言葉が結果を作っていると指摘されました。

実はこの直前、未穂さんから「使う言葉」について話がありました。マイナスの言葉(心配事の言葉)は起きてもいないことを現実化してしまうそうです。その例として羽生結弦選手について話してくれました。ある試合のとき、羽生選手の前に滑った選手の演技が素晴らしく皆スタンディングしたそうです。その光景を見た羽生選手は怒り「どうして俺を見ないんだ」と言っていたそうです。羽生選手が本番に強く結果を出すのは「発する言葉が結果を作っている」と。これは本番に弱いある選手と羽生選手のインタビューを聞き比べて話してくれたことです。

足りない足りないと悩んでいたことが知らず知らずのうちにマイナス言葉となって常に発していたようです。確かに私自身、どんなに優秀な先生でも魅力を感じない先生には習いたくありませんし、教わるならば苦労した先生の方がいいなと思います。

スッキリしました!このブロックが取れたことは今年最大収穫の一つです!