発音は個人レッスンで学ぶのがいい

Tama66 / Pixabay




先生が作った発音練習のメニューを毎日やっています。

改めて独学ではない良さを実感しています。最初は自分で練習メニューを作ってみましたが、内容が全然違います。

私が自分で最初に作った練習メニューは自分が気付いている点だけですが、先生は全体をみて、私にとって必要な練習を上手に取り入れています。改めて第三者の目と指導は必要だと思いました。そして何が一番いいかといえば、結果をきちんとチェックをしていただけるので、安心して練習できることです。

今日で10日目になります。実は昨日、口の筋肉が柔らかくなっていて自分が思う通りに動かすことができるようになっていました。しかし、今日はもとに戻っていたので、数日後にまた柔らかくなるだろうと思っていたら、20分後には自由に動かせるようになっていました。

当たり前ですが、中国語で使う筋肉が完全に衰えていたわけです。それから、ウォーミングアップも大切だということですね。アナウンサーが毎日練習していることもうなずけます。

改善すべきこと、できていないことは毎回細かく記録しています。まだまだ自分では気づかない点もあると思いますが、それでも自分のクセがわかりますから、発音する前に意識することができます。

同じ練習なのですが、毎回新たな発見があっておもしろいです。それから、録音した音声を聞いて一喜一憂するのも意外と楽しいものです。

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください