口の形の微妙な差で満足する音が出た!

Fredy_Martinez_Photograph / Pixabay

今日は発音矯正の日でした。

最初に練習メニューを読み、前回指導された箇所や新たなくせ等をチェックしていただきます。一番怖いことは練習して身につけたことが間違っている場合です。しかし、今はその心配は全く要りません。マンツーマンレッスンですし、先生は私の目的を十分承知ですから、練習の経過チェックを毎回入れてくれます。これは私にとって大変嬉しいことです。正しく身についているかチェックをしてくれる授業は今まで中国語を学んできて初めてのことです。

你好,谢谢しか知らず台湾に行き、学習歴のある人たちと同じクラスで中国語をゼロから学び始めた私としては本当に嬉しいことです。

今日は今まで満足しなかった音が、口の開け方(形)が少し変わっただけで、とても満足できる音を出すことができました。この微妙な差が心地よい中国語になるかどうかの別れ道ですね。また練習が楽しくなってきました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください