登録販売者受験対策講座、最後の授業

Wokandapix / Pixabay




昨日は登録販売者の最後の授業でした。

8月から試験が始まっている都道府県もありますが、関東は来月に実施されます。

年々試験の難易度が上がっています。内容も幅広く深くなってきています。試験に出そうな所、ひっかけ問題になりそう所、それから今年度の他県の出題傾向の確認をして授業に臨みました。

丸暗記で覚えていると思われる最重要箇所は「こうだからこうなる・・・」というように臓器の動きを確認してもらいながら、人体の仕組みについて理解することができるように努めました。試験だけでなく、実際の仕事でも応用が効くように。少しでも助けになってくれることを願います。

*****

最後に、高難易度の模擬問題60題を半分の1時間でやりました。

みなさん、8割~10割の問題を解いていました。終わってから「難しい・・・」「時間が足りなかった・・・」という声があちこちから聞こえてきたので、上記のことを伝えると何かホッとしたような、それから難易度が高い問題を半分の時間で解いたことは自信につながっているようでした。

試験まで2週間と差し迫っていますが、この2~3か月間、死にもの狂いでやってきたことが模擬問題で手応えを感じたせいか、終了時は授業前とは表情が全然違いました。自信に満ち溢れていたといいますか・・・。目の前で成長を感じ取ることができ嬉しかったですし、大変励まされました。私自身、今年度最後の授業を無事終了できたことを嬉しく思います。

 

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください