薬の奥深さ

WokinghamLibraries / Pixabay




昨日、お客様から聞かれたことをノートにまとめてみました。改めて難しいと思いました。

個人的には医者にかかった方が検査をしてもらえて、自分の症状に合った薬を処方をしてもらえていいと思う場合でも、市販薬で済またい人もいます。

また漢方薬を好む方もいるので、日々勉強は大切です。「子供用(3歳児)の中耳炎の漢方薬はありますか」という問いに先輩登録販売者はきちんと対応をしていましたが、これは難しい問いだと思います。(時には医師でなくては分からないと思う質問もあります)

(多くの人は「漢方は副作用がないから安心」と思っているのですが、実は副作用はあります。持病によっては飲んではいけない漢方もありますし、飲むにあたって注意をしなければならないこともあります)

薬局に勤務していたら、絶対にない相談です。ドラッグストアならばでのことです。お客様の層は幅広いので、これから現場で鍛えさせていただくことは間違いないです。登録販売者の資格の生かし方にいろいろアドバイスをくれた友人に感謝、感謝です。どんな質問がでてくるか毎回怖いですが、楽しいです!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください