薬を買う前に注意すべきこと

stevepb / Pixabay




高齢の親の代わりに薬を買いに来た方がいました。

基本的にご確認することはどなたが飲むか、他の薬を飲んでいないか、アレルギー等があるかどうかということです。誰もが、病院・薬局等でイヤというほど問診票を書いていますので、「またか」と思って面倒くさくなってしまうことがあると思いますが、薬の勉強をしますと、このちょっとしたことがとんでもないことを引き起こしてしまうことを知っていますから、ご家族が共有できているかは大切だと思います。

病院でいただいた薬が切れてしまい、次にいただくまでの薬として飲みたいということでした。高齢者ですから、糖尿病、高血圧の有無を確認しまして、念のため薬剤師に確認をとりました。そのうえで、再度その薬の外箱の注意事項をお客様と確認をしましたら、そこに書かれていた病気も患っていましたので、そのお薬はやめ、他の薬にしました。

 

いろいろなケースがあります。よく、高齢者の方は数か所に通院してお薬が処方されていますので、意外と同じ薬が重なっています。特に高齢者の方はご自分のかかりつけ薬局をおもちになった方がよいと思います。出した薬の履歴がありますから、そこで薬剤師が今に至るまでの経緯を確認、それから処方された薬と重なっていると、薬剤師が医師に確認を取り、問題がなければ医師の許可の下でその薬は処方されません。実は薬局の待ち時間にはこの時間が含まれています。・・・数か所通院していて、薬をたくさん処方されている方、薬局を決めていないと、場合によっては同じ成分の薬を2倍飲んでいることも十分にありえます。

薬を代わりに買いに行く場合は、その方の症状、飲んでいる薬、かかっている病気をきちんと把握していることが大切です。そのことが、その方の命を守ることにつながります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください