介護食

ponce_photography / Pixabay

今回は「容易にかめる総菜」を食べてみました。

歯でかみ砕くことができる人用でしたが、歯を使うレベルではありませんでした。ということは、歯はあっても弱くなっていることがすぐに分かります。咀嚼力はないのではと思う次元です。

いくら歯が使えても食感を全く感じられません。今の私ですと、歯を使うもの、歯ぐきでつぶせるもの、舌でつぶせるもの・・・はどれも差はあまりないと思うのですが、高齢の方にとってはこの微妙な差が大きいのだと思います。

この柔らかさが必要な食事になりますと、食べる楽しみがないです。私はお世話になりたくないと思いました。でもこの食品はおかずの種類はどんどん増え、柔らかさもレベル別になっているということはやはり需要が高くなっているということだと思います。

長生きしても楽しめる生活ができなければ、生き地獄としか言いようがありません。これで寝たきりだったら、本当にご本人が一番つらいと思います。

誰もがぶつかる問題です。毎日の生活習慣が直結しますので、ここは厳しく自分を戒めたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください