高齢者の食生活、QOLの現実をご存知ですか?

sabinevanerp / Pixabay




シニア用品の売れ行きから、食べることが難しくなっている方が多くなってきているのかなと思うことが多くなってきました。

1~2か月前と比べて、高齢者用の飲み物、大人用のミルク、パウチ食品の売れ行きが目立つようになってきました。おそらく歯が抜けてしまった方や歯が弱くてかみ砕くことができない方、あるいは嚥下力が弱くなってしまっている方かと思われます。ミルクに関しては栄養に偏りがないようにと、ご自身で買いに来られる方も増えてきました。またお土産として買われる方も多いです。

健康な方の尿パッドも女性用はよく売れます。加えまして、最近は男性用、おそらく中高年用の尿パッドも売れるようになってきました。QOLを高めるために以前とは違い、シニア用品を購入することは恥ずかしいことではないようです。

場所が郊外であることも関係しているかもしれませんが補聴器を使っている方はほとんどいません。家にいるから必要がないということもあると思いますが、補聴器のお値段もそれなりに関係していると思います。

筋肉、歯、目、耳、足腰・・・、年齢を重ねたら衰えることは仕方ないことではありますが、快適に暮らすためにやはり若いころからのケアと文明の利器に頼ることができる経済力が必要だと思います。いろいろ教えられます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください