自分の通訳を聞く

Clker-Free-Vector-Images / Pixabay

改めて強い決意をしました!絶対にきれいな発音を自分のものにすると!

私は週一回エージェントで仕事をしていますので、自分がした通訳も聞くことができます。今週は数回電話を取りましたので、自分の通訳を聞くことができます・・・。通訳の出来具合は通訳をしている時にすでに察しはついています。だからこそ聞きたくなかったのですが、聞かなくてはこれからがないと思い、勇気を出して聞きました。

結論、聞いてよかったです!時間を置いて聞いたからこそ気付くことがたくさんあり、一生ものの財産となりました!時間を置いたからこそ、次々と今まで気付かなかったことが出てきました。時間を置いて聞いたことがこんなにも大きな価値を生み出しているとは思いもしませんでした。通訳が終えたあとの一人反省会では気付かないこと、フィードバック以外にも今後に生かせる発見が次々と出てきました。

出来は悲しいものでしたが、そこから得たものは今後の中国語の勉強、また発音練習においての貴重な財産となりました。どうやって改善すればいいかは大体見当がつきます。それから、フィードバックをしていただいた方に厳しく指摘していただくようお願いしました。(それでも厳しくなく、今後のために再度お願いをしました)自分のくせはどんなに注意しても気付かないものですから。

以前だったら、へこみにへこんで立ち直れなかったと思いますが、なぜか今回は自分の通訳を聞いて奮い立ちました。絶対きれいな発音を出せるようにすると!何よりも自分のくせや改善点がすでに先生に指摘されていたことで聞いてすぐに何が原因か分かりました。さらに今回、数日経って聞いたからこそ気付いたことが「言葉を発する直前、発している時にどんなに意識して注意深くやっても、結果はできていないことが多い」ということです。実際アウトプットされたものは直前に集中して意識したことであっても全く別ものだということに気付いただけでも儲けものでした。これは直後の一人反省会では絶対に気付かなかったことです。

今回の通訳は耳に焼き付いています。ここをスタートラインとして、どのような経緯を経て自分が理想とする中国語を話せるようになるか、思いっきり楽しんでやっていきます。もちろん期限は決めています。不思議だけど今回はへこむどころか、やる気満々になって帰宅しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください