未病ビジネス

テレビで未病ビジネスについて、数分間触れていました。神奈川県の大井町にある未病バレー”ビオトピア”です。

未病(健康でもない、病気でもない)がテーマの大型施設です。このニュースを見たとき、医療通訳も将来こういう場で活躍できるのではないかと思いました。中国、東南アジアも食生活の変化で生活習慣病が若い世代で増えていますし、日本以上の超高齢化社会です。医療通訳は病院だけでの仕事ではないと気づきました。国境を越えて、必要となる分野ですね。

ドラッグストアでの経験も近い将来役立つと思っています。超高齢化社会ならば、介護用品、食品が必要でないわけがありません。細かいところまで配慮できているのが日本企業の製品ですから、こういう場でもお役に立てばいいなと思っています。

楽しみになってきました。(^^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください