時代に合った語学の使い方・・・英語の他動力 ホリエモンより

geralt / Pixabay

ホリエモンの「英語の他動力」を読み終えました。

考え方が新しく何かと参考になることが多く、また読みやすく面白いので、彼の本はついつい買ってしまいます。

AIの出現により、多くの人が今は語学を敢えて学ばなくてもいいと思っているかもしれませんが、別の視点から書いていますので読む価値はあると思います。「語学力の生かし方」について悩んでいる方にも参考になることが多いと思います。

この本を読んでから、1分でも多く中国語に触れる時間を増やすことにしました。紹介されていた方法に「スマホを英語モードのする」というのがありましたので、私は中国語モードに切り替えました。これだけでも表現方法について学ぶことだらけですし、しかも、よほどでない限り1日1回は中国語に触れることができます。

毎回ですが、ホリエモンの本はプラスになることだらけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください