医薬の勉強をもっとしたい!

Prawny / Pixabay

今日はホームヘルパーで買い物支援に行きました。

 一人の方はアレルギーがあるため、もともと食べ物には制限があるのですが、先週からさらに制限が出てきて食べ物を受け付けない状態になり、今日はげっそり痩せていました。 

若い時に無理をして働いていたので、その影響でからだのあちこちにいろいろな症状が出ています。ちょっとした動きをすることにも時間をとり、それも痛みを伴うので普通の生活をすること次第が精一杯なのがよく分かります。 

内臓が良くないということは前々から聞いていたのですが、今日の話からその理由が分かりました。小さい時から働きづめで10歳に満たない時から睡眠時間が5時間ぐらいだったそうです。身体をつくるときに睡眠が十分でなかったために内臓の成長に影響が出たようです。

 

薬学を少しかじったおかげで、体に影響が出る理由が分かることもあります。改めて医薬の勉強をしてよかったと思いました。まだ勉強不足と経験不足で何の助けになることができないのが心苦しいですが、今日の話を聞いてますます健康とからだの成長に必要なことに興味を持ち、医薬をもっと勉強したいと思いました。 

昨日の夜、前に使った医学の本を引っ張り出して見たら、登録販売者試験の内容も医学の本の説明を使った方が分かりやすいことに気づきました。医学の復習もしたいと思っていたので、これを機に学び直していきたいと思います。 

医薬の勉強をもっとして、普段接する人の助けになりたいと強く思った一日でした。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください