買い物支援をしていた方の突然の死

OpenClipart-Vectors / Pixabay




最近まで買い物支援をしていた方の一人が先日お亡くなりになったとの連絡を受けました。

言葉がありませんでした。今月に入ってから食事をとることができなくなり、医者に行き、末期がんだという診断を受け、それから二週間足らずでした。

人の命はいつどうなるか分からないです。同時に一人暮らしで身寄りのなく外に出ることもほとんどない方だったので、私たちが代わり代わりに支援に行ったことが少しでもその方にとって良い想い出になってくれていたらと思いました。

生きていくにはいいことばかりではありませんが、やはり最後にいい人生だったと思えるように、また家族や身近にいる人とも楽しい時間を過ごし、自分だけではなく、その人たちにとっても共に過ごした時間が楽しかったと思っていただけるようになりたいと思いました。

半年余りのお付き合いでしたが、幼少期から今に至るまでの話も聞かせていただき、大変勉強になりました。この方の死によって、親と過ごす時間を最優先につくり、まだ聞いていない話を聞きたいと思いました。

時間は有限であること、人はいつどうなるか分からないことを教えられた一日でした。