中国語原書を読み続ける秘訣

pixel2013 / Pixabay




中国語力を身に付けるために原書を読むということについては恥ずかしながら去年半ば過ぎまで全く気付きませんでした。私の中の原書とは教科書でした。 

しかし、去年※中国語原書会に参加して、他の方が紹介する本を手に取り、印象が変わりました。「こんなかわいい本もあるんだ」、 「この本を読みたい!」

※ 中国と原書と過ごした日々  

 

原書を隙間時間に読もうとしたのですが、日本語の本が優先になってしまいます。読みたい本が山積みになっていて中国語原書はいつも後回しです。でも今年から原書も目標〇〇冊としたかったので、寝る前に数ページでいいので読むようにしました。 

この3か月間寝る前に原書を手に取るようにしたら、原書を読む習慣がつき、生活の一部になりつつあります。最初は原書のみでしたが、徐々に日本語の本も加え、今は両方読んで一日を終えています。

 原書を読むことが負担にならないよう、読みたい本の中国語版を読むことにしました。これは大正解で、楽しみになりました。 

今はアンネの日記、その次は溥儀、やはり秘訣は自分が好きな本から入ることですね。 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください