手放すことで得ることもある

JESHOOTS-com / Pixabay

この10か月余り、特にこの数か月を振り返り、今実感していることが”欲張らないこと”です。

持っている資格を生かさないともったいない、ちょっとした経験がいつか線になる、隙間時間にできるからといくつか仕事をかけもってやってみました。これはある地点までは有効でしたが、そこから先はいろいろな面で歪みと軋みが生じることが分かりました。

”手放すことで入ることがある” 

”何かを手に入れるには何かを手放さねばならない”

この言葉、この一か月間に2人の人から聞き、またブログでも目にし、また今日読んだ本にも書かれていました。自分でもそう思いました。学ぶことは学べましたし、もうこれ以上はやる必要はないと思いました。

今までの経験のせいか、”自分で決めたことは最後までやり通さなければいけない”という考えはありません。意味のないことを最後までやり通すことで取り返しがつかなくなることもありますし、失われた時間は二度と戻ってきません。

こういう決断ができ、実行に移すことができるようになるまでには時間がかかりました。今だからできることです。

前に向かって進んでいきたいと思います。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください