無駄は困っているときに助けてくれる

Monfocus / Pixabay




今日、携帯電話のデーターのバックアップの更新にあたり、大変なことが起こりました。

PCに保存していますが、更新の画面が出てきませんでしたので、カスタマーサポートへ問い合わせをして進めていきました。終了直前で携帯の画面が落ち(イヤな予感)、起動しなくなりました。PCも再起動の指示が出たのでその通りにやりましたが、30分以上は立ち上がらず、真っ青になりました。

明日の午前中、オンラインで中国語のレッスンがあります。PCが立ち上がらず、もしこのまま壊れてしまったら・・・、携帯は使えない状態・・・。連絡先のデーターは全てこの中に入っています。USBにも入れてありますが、PCが使えなければデーターを見ることはできません。連絡が取る方法が全くありません。(近くに住む友人に頼るしかありませんでした)

幸い、PCは再起動できましが、またいつどうなるか分からないので、すぐに先生に連絡をし、とりあえずホッとしました。

それから、7人ほどのサポートを受けて約7時間後に携帯は使えるようになりました。原因は普段は接触のよいPCのUSB差込口との相性がよくなかったようです。そして接触のよくない片方のUSB差込口に差し替えたら、順調に進めることができました。ここまでに7人のサポートの方のお世話になりました。それぞれの方がきちんと記録されていましたので、サポートの方もすぐ対処できるように更に専門の方と対応できるよう、手配して下さっていました。

ダブルで使えなくなると、今の世の中本当に困ります。連絡手段が本当になくなります。データーをバックアップしていても見られなくなる状況も考えておく必要があることを学びました。無駄なようでも紙に印刷して保存しておくことも大切なことかもしれません。

今日の唯一の救いは固定電話でした。ほとんど飾り物になっていますが、時々大活躍するので解約するかどうかは考えモノでした。しかし、今日は固定電話があってからこそ、7時間強の時間で済みました。また連絡先の控えがあっても、今は公衆電話を探すことさえ難しい時代。解約しなくてよかったです。

*****

サポートの方の対応はとても素晴らしかったです。7人の方に対応していただきましたが、無駄なやりとりは全くありませんでした。それどころか多くの人が対応して解決できなかったことを詫び、対応に不快な思いをしなかったかという気遣いがあり、とてもていねいで驚いてしまいました。 

また、「無駄を生かす」ことも大切だと教えられたことがありますが、本当にその通りです。無駄を無駄にするか、生かすかは自分次第ですよね。

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください