完璧を求めない

Couleur / Pixabay

中国語にしても家事にしても決めた時間内でやるようにしてストップウォッチを利用しています。

私はやり始めるまでに時間がかかりますが、やり始めるとおもしろくて夢中になり、あと10分あと10分で気が付くと1時間なんてよくあります。2回目、3回目にストップウォッチが鳴ってもすでに耳に入らなくなっていて、結局一日のノルマができなくなっています。夢中になってしまっていることもあるのですが、最後までやらないと意味がないと思い、最後までやってしまう傾向にあります。結果一週間やらず仕舞いになってしまうものも数多くあります。

そこで、時間が来たら思い切って「やめる」ようにしました。途中だろうが汚いだろうが何も身に付かないだろうがとにかく時間が来たら「やめる」。さっそくやってみました。まず家事編で試してみました。意外や意外、意識が変わったのか、今までダラダラ?やっていたのか、決めた時間内に終わりアラームが鳴るのを待つばかりとなりました。

決めた時間内で質の高い処理ができるよう、日々工夫してやろうと思います。余った数秒単位の時間も足せば、一日〇分という時間を生み出せますから。好きなことに時間を回せますしね。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください