中国語の問題点が第3者と一致する

Free-Photos / Pixabay




通訳学校の授業が終了、1週間足らずで評価表が届きました。

日→中のテストは受けることができませんでしたが、日→中、中→日のそれぞれの評価表と先生のコメントをいただきました。自分が思っていた事と先生の指摘は一致していました。

問題はこれをどのように克服していったらよいかということです。この問題点は中国語を学び始めてから、すでに何十年も私に付きまとっています。自分なりに取り組んできましたが、相変わらず同じ問題にぶつかっているということは、「やり方が悪い」ということです。 

細々と中国語の勉強を続けてきましたが、特にこの10年間はほとんど使っておらず、授業でもヒアリング力はここまで落ちるものかとさすがに自分でもショックでした。単語は忘れているし、語彙力もありません。しかも文法も問題ありです。

***** 

中国語は全くのゼロからネイティブの先生の直接法で教わりました。ネイティブの先生の直接法で発音から教わりましたが、私にはイマイチ分からず、家で口の形を鏡で見て確認、舌の位置は絵だと分かりづらいので、舌の位置を微妙に調整しながら音を録音、確認して身に付けました。しかし、この方法が良くないから指摘されているということです。

大学受験のため、個人レッスンで中国語の勉強をしましたが、発音や声調に関しては何の注意も受けなかったので、できていると思っていましたが、どうやら違うようです。

大学入学後も勉強が分からないので、国文(古典)は語学学校で個人レッスンで教わっていたものの、発音と声調の指摘は受けませんでした。

 

今までも通訳学校に通ったことはありますが、この学校は初めて通いました。一年間通って本当によかったです。今までは中国語に関して相談をしても答えはほぼ返ってきませんでしたが、この学校は相談すればポンポンと的確な答えが返ってきました。問題点の確認ができ、(また授業を受けるという)時間を無駄にせず、前に一歩進めると思います。  

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください