フランス人の女の子

Hans / Pixabay

台湾の語学学校で知りあった女の子にフランス人の女の子がいました。記憶は定かではありませんが、飛び級で高校を卒業してまだ18歳になっていなかったような・・・。

父親が大使でしたので、その関係でフランスには3年しか住んだことがないそうです。台湾に来るまではフランス語、英語、イタリア語の3か国語が話せたのですが、中国語を勉強するようになってからイタリア語はきれいに忘れてしまったそうです。語学学校では休憩室で皆英語で話すので、台湾に来てから英語力はアップしたよと言っていました。

彼女がフランス以外にいたときにアメリカンスクールに通っていたのか、現地の学校に通っていたのかは詳しく分かりません。しかし、物心がついた頃には常に外国人の中にいたのかと思います。

子供のときに自然に覚えた外国語と大人が苦労して覚えた外国語の忘れ方は、今まで会った人をみてもどうも違うようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください